フリージング実践編

食材別にみた下ごしらえと冷凍方法

フリージング実践編

離乳食にもわかめが使える!下ごしらえや冷凍方法、レシピを紹介

わかめはミネラルや食物繊維が豊富で、離乳食中期ごろから積極的に取り入れたい食物のひとつです。やわらかく煮ると粘りが出るので、赤ちゃんにも食べやすくなります。ただし、消化があまり良くないので一度にたくさん与えすぎないように注意しましょう。
フリージング実践編

離乳食にもってこいの豆腐、実は冷凍できる!注意点や下ごしらえ法は?

豆腐は離乳初期から使えます。良質なたんぱく質が手軽にとれる、赤ちゃんにとって貴重な食材のひとつです。豆腐は冷奴など加熱せずに食べる機会も多いですが、離乳食に使う場合は必ず火を通してから使うようにします。また冷凍した豆腐は、高野豆腐のような感覚で離乳食に使うことができます。
フリージング実践編

納豆は意外と食べやすい?!離乳食に使う時の下ごしらえ方法とレシピ

納豆はクセがあるので赤ちゃんが好まないのでは…と思ってしまいますが、意外にも大好きな赤ちゃんが多いようです。粘りがあり他の食材と和えるとトロトロになるので、食べにくい食材でも飲み込みやすくなります。そんな納豆ですが、下ごしらえの際に少し工夫が必要です。
スポンサーリンク
フリージング実践編

栄養豊富なひじきは、まとめて下ごしらえ!離乳食用冷凍ストックの作り方

ひじきはカルシウムや鉄分などのミネラル、食物繊維を多く含んでいるので、離乳食にも積極的に取り入れたいもの。乾燥タイプなら保存もきくので便利です。ひじきは下ごしらえに時間がかかるので、まとめてゆでて冷凍保存しておくと便利です。
フリージング実践編

離乳食のマンネリ解消に春雨!下ごしらえのコツやおすすめレシピ

春雨は乾麺で常温で保存が利くので、常備しておくと便利な食材のひとつ。時々離乳食のメニューに取り入れるようにすると、マンネリ化も防げます。春雨は原料がでんぷんなので初期から与えることもできますが、私個人の意見としては離乳食後期ごろから使うのがオススメ。その理由や春雨の下ごしらえ方法を説明します。
フリージング実践編

離乳食にパスタはいつから使える?時期別の大きさや冷凍テクを紹介

スパゲティもマカロニは、生後7ヶ月頃から食べられます。ただ、離乳食に使う場合は大人が食べるものよりもやわらかくゆでるようにします。最初はマカロニを使ってみるのがオススメ。スパゲティよりもやわらかくなるので食べやすいですよ。この記事ではパスタを離乳食に使う場合のゆで方、冷凍保存のコツを紹介しています。
フリージング実践編

うどんやそうめんは離乳初期から使える便利食材!ゆで方のコツと冷凍方法

そうめん・うどんともにやわらかく、ツルツルとのどごしも良いので、赤ちゃんにとっては食べやすい食材のひとつ。離乳食初期から使えます。乾麺は塩分が多めに含まれていることが多いので注意!離乳食に使う場合のゆで方や冷凍保存の方法を紹介します。
フリージング実践編

離乳食にパンを使う時のポイント。簡単なパンがゆの作り方も!

パンは調理も手軽にできるので、常備しておくと便利な食材のひとつです。いろんな種類のパンがありますが、離乳食初期から使うならプレーンな食パンがおすすめです。この記事では、パンの冷凍方法やパンがゆを簡単に作れるテクニックを紹介しています。
まとめて作って冷凍

離乳食の基本。おかゆ(10倍がゆ~軟飯)の作り方と冷凍方法を徹底解説!

離乳食の基本はやっぱりおかゆ。毎日の離乳食に欠かせません。おかゆは少量では作りにくいので、多めにまとめて作って冷凍しておくのがオススメです。こちらでは、基本のおかゆの作り方やフリージング方法、おかゆを使ったレシピなどを紹介します。
フリージング実践編

レバーを離乳食に取り入れよう!下処理の方法とおすすめのレシピ

レバーは栄養豊富な食材。鉄分が豊富なので、特に鉄分が不足しがちになる離乳食後期以降は積極的に取り入れたいものです。牛、豚、鶏のレバーがありますが、離乳食には鶏レバーが適しています。この記事では、レバーの下ごしらえ方法や赤ちゃんに食べやすい離乳食レシピを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました