離乳食の里芋はいつから?かゆくならない下ごしらえの方法と冷凍のコツ

フリージング実践編

里芋は粘りがあり加熱するとやわらかくなるので、赤ちゃんにも比較的食べやすい食材のひとつです。

ですがアレルギーを引き起こすことがあるので、注意が必要です。口の周りがかぶれてしまったりすることもあるので、7ヶ月頃から与えた方が良いと思います。

生の里芋の下ごしらえが大変という方は、冷凍食品を利用すると便利です。

スポンサーリンク

新鮮な里芋の選び方

里芋は形が丸く、ひび割れしていないものを選びます。

湿った泥つきのものがおすすめ。

下ごしらえ

皮をむいてやわらかくゆで、各時期に合わせた大きさに刻みます。

皮をむく時は、レンジを利用するのがおすすめ。
洗って両端を切り、皮付きのままラップをしてレンジで加熱します。火が通ったら、熱いうちに皮をむくと簡単にむけ、手がかゆくなりにくいです。

時期別フリージングの方法と使い方

初期

里芋は離乳食初期には食べさせません。

アレルギーの心配があるので、避けたほうが無難です。

中期

里芋(離乳食中期)

【冷凍方法】

やわらかくゆでた里芋をフォークなどで適当な大きさにつぶし、ジッパー付き袋に薄くのばし入れて冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物などに加える。

後期

里芋(離乳食後期)

【冷凍方法】

里芋をやわらかくゆでて5mm角に切る(フォークなどで粗くつぶしてもOK)。

ジッパー付き袋に入れて冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物などに加えて使います。

完了期

里芋(離乳食完了期)

【冷凍方法】

里芋をやわらかくゆでて8mm角に切り、ジッパー付き袋に入れて冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物などに加えて使います。

里芋を使った離乳食レシピ

里芋の納豆和え (中期)

里芋だんごの和風あんかけ (後期)

コメント

タイトルとURLをコピーしました