さやいんげんはいつから離乳食に使える?時期ごとの調理法と冷凍術

フリージング実践編

さやいんげんはいろんな食材と相性がよく、和風にも洋風にも使えるので、ストックがあると使い勝手がよく重宝します。

旬は夏。最近は筋なしのものも出回っているので下ごしらえも楽です。

生のものが手に入らない時期は、冷凍食品をやわらかくゆでなおして使ってもOKです。

スポンサーリンク

新鮮なさやいんげんの選び方

緑が濃く、先がとがっていてまっすぐなものを選びます。しわがあるものは避けましょう。

下ごしらえ

いんげんはヘタと筋をとって湯でやわらかくゆで、冷水にさっとさらします。
(離乳食に使うので、ゆでる際には塩は使いません。)

各時期に合わせた大きさに刻んで使います。

時期別フリージングの方法と使い方

初期

さやいんげんは裏ごしが大変なので、すりつぶしのみで与えます。食べさせるのは初期後半ごろからがオススメです。

さやいんげん(離乳食初期)

【冷凍方法】

やわらかくゆでたさやいんげんを刻んですり鉢ですりつぶし、製氷皿に小分けにして冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱した後、白湯やミルク、だし汁などでのばして使います。

中期

さやいんげん(離乳食中期)

【冷凍方法】

さやいんげんをやわらかくゆでて細かく刻み、ジッパー付き袋(量が少ない場合はラップ)に平らにのばして冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加えて使います。

後期

さやいんげん(離乳食後期)

【冷凍方法】

ゆでたさやいんげんを3mm程度の小口切りにし、ジッパー付き袋に平らにのばして冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加えて使います。

完了期

さやいんげん(離乳食完了期)

【冷凍方法】

ゆでたさやいんげんを1cm長さに切り、ジッパー付き袋に平らにのばして冷凍します。

【解凍・調理法】

レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加える。

さやいんげんを使った離乳食レシピ

チキンライス (完了期)

コメント

タイトルとURLをコピーしました