離乳食のベースに!野菜スープの作り方と冷凍保存のコツ

まとめて作って冷凍

野菜のうまみや栄養がつまった野菜スープは、いわゆる「コンソメ」のようなもの。

和風だしとともに離乳食にもうまく取り入れていくと、メニューに変化が出てきます。

野菜スープはそのままスープとして使えるのはもちろんのこと、野菜のペーストをのばしたり、具だくさんのスープのベースにしたり、煮物に使ったりと応用がききます。

初期はもちろん、全般を通して活躍してくれるので、時間のある時にまとめて作って冷凍しておくと、とても便利!

野菜スープを作るときに使った野菜も、もちろん離乳食に使えます^^時期に合わせた形状で冷凍しておくと便利です。

スポンサーリンク

野菜スープの作り方

材料

  • 野菜 3~4種類
  • 水 適量

クセがなくアクの少ない野菜、煮崩れしにくい野菜を3~4種類使います。

向いているのは、にんじん、キャベツ、かぶ、大根、玉ねぎ、しいたけなどの野菜です。

作り方

1. 野菜を刻む

野菜スープの作り方①

野菜は洗って粗く刻みます。

今回はにんじん、玉ねぎ、アスパラガス、じゃがいも、キャベツの5種類を使います。

2. 煮る

野菜スープの作り方②

鍋に1と水を入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にし、アクをとりながら20分ほど煮ます。

3. こす

野菜スープの作り方③

冷めたらこし器でこします。

できあがり

野菜スープの作り方④

野菜スープの完成です!

フリージングの方法

作った野菜スープはよく冷まし、製氷皿に入れてふた(ラップ)をして冷凍室へ。

この時1キューブ=○ccと計っておくと、使う時の目安になって便利です。

野菜スープの冷凍保存②

 

凍ったら製氷皿から取り出し、ジッパー付きの袋にまとめて入れておきます。
野菜スープの冷凍保存②

 

野菜スープと同じように、離乳食のベースとして使われる「和風だし」の作り方も以下の記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

離乳食で使う和風だしの作り方。便利な冷凍ストックの方法も紹介
和風だしは野菜のペーストをのばしたり、煮物に使ったり、汁物を作ったり…と使い道がいろいろ。離乳食開始時から使えます。意外と簡単に作れるので是非ご家庭でも作ってみてください。今回は本格的な和風だしと、電子レンジで手軽に作れる和風だし、2通りの作り方をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました